芸能スクープ ニュース速報: 戦後65年 裏情報専門

2010年08月18日

戦後65年 裏情報専門

森村誠一原作 映画「人間の証明」と戦後日本の米軍と日本の関係に... までのシーンは映画にない)という場面があります。 質問者は、戦争、戦後体験者ではなく、著者の原作を読んではいませんが、こういう状況が、戦後日本における現実だったので...
これからの日本 どんどん採決されていき、これらのことが いつテレビで放映されるのかが楽しみなだけですが。 あとは民主党になり 14年ぶりに一時84円台になるなど 歴史的な場面に立ち会うことがで...
東国原知事の功罪について 東国原知事の功罪について 功罪と言うと大げさですが^^; 皆さんどう思われますか? 個人的には田舎の閉鎖的な政治を打破した(っぽい?)ことは大きいし、良いことだと思いますが、 今はテレ..
専守防衛の必要悪を初頭教育の要旨のひとつとする、というのは 専守防衛の必要悪を初頭教育の要旨のひとつとする、というのは、あり得ないのでしょうか? 核の抑止力の公正な評価なども。 被爆者を呼んで話を聞くのと別の機会に、防衛省の人間などに.
どうして日本社会は中流階級が減り、貧困の差が生まれたのか どうして日本社会は中流階級が減り、貧困の差が生まれたのか 私は歴史や経済のことについて全く知識がありません。 しかし、日本は中流階級が多かったと聞きます。 現在のように貧困の.

終戦記念日によせての雑感 ... 戦後65年ということは、ぼんやり記憶に残っているというだけでも、現在70歳代である必要があります。さらにはっきりした記憶や、当時の風潮などを尋ねるとするなら、80歳代以上でなければ無理でしょう。 ...
スペシャルドラマ『歸 國』・・・・忘れてはならないあの日 ... ... 戦後65年も経っても、正々堂々と参拝が認められていないことに、 日下(向井 理)は憤りを感じるのである。 だが、報道記者には参拝の可否を問う意見はなく、 単にそこに参拝する姿を報道するだけ。ただそれだけなのであった。 ...
靖国、そして火病患者の歴史 ... 敗戦国の置かれる立場とは、戦後65年以上経過してもなお、斯くも惨めなものなのです。 ========================== どんな左翼であっても、キチガイであっても正式な許可をとればデモが許さ ...
《20世紀と戦争のプロパガンダ》上映とその他にも関西での映 ... ... 23 京都市、ひと・まち交流館 戦後65年慰霊上映会 「帰還証言:ラーゲリから帰ったオールドボーイたち」 問い合わせ 090-5460-3110 8 ... フィルム・ライブラリー23周年記念上映会 「戦後65年、戦争とはなんだ」 戦争を教えてください 沖縄編、満州編 ...
朝からぼやき ... 戦後65年の時を経て守るべきものはしっかりと守る、若くして多くの戦争の犠牲になった人たちに対するせめてもの報いであるとの思いを新たにしました。 ちょっと前はテレビでアメリカの保険会社のCMが多かったのですが ...

平和・問い直す夏:戦後65年 尊さ訴えオペラ創作 /兵庫 ‎11 時間前‎
ほとんど視力を失って以来、約10年ぶりの作品だ。旧満州(現中国東北部)からの引き揚げ体験を持つ浜渦さんは「目が見えなくなって、世界中の不条理や死がよく見えるようになった。平和を担う子どもに伝えるオペラを残したい」と話している。【小坂剛志】 「戦争は政府 ...
戦渦の中の帰依:戦後65年の夏/下 旧満州で訓練、牧師・山本圭一さん /三重 ‎2010年8月15日‎
さまざまな「答え」の中から65年後の夏、山本さんが挙げた言葉は「妄信」だった。 「戦後になってからあの戦争の批判をするのは簡単だ。当時、戦争が間違いだなんて夢にも思わなかった」。自分も国家が掲げる大義に熱狂し、「神」を「妄信」した。 ...
語り継ぐ:戦後65年/5 傷痍軍人、前線での苦い記憶 /新潟 ‎2010年8月14日‎
戦後は地元の長岡市で酒店を開業した一方で、県傷痍(しょうい)軍人会の長岡支部長を務め、会員同士の交流を図ってきた。だが会員は高齢化、半数以上が亡くなり、今年3月で支部は解散した。 戦後65年を経ても、小熊さんのように前線での苦い記憶を独り抱え、生き続け ...
戦後65年のプレーボール 悲運の名投手追悼8.15 ‎2010年8月12日‎
戦前のプロ野球で活躍し、太平洋戦争でともに戦死した三重県伊勢市出身の西村幸生(1910〜45年)と沢村栄治(1917〜44年)の両投手の母校が終戦記念日の15日、伊勢市で追悼試合をする。西村の母校、同市の宇治山田高(旧宇治山田中学)と、沢村の母校、京都 ...
心、紡ぐ夏:戦後65年の記憶/2 66年後の涙 /山口 ‎2010年8月15日‎
下関市彦島杉田町、書道家、小川棲山さん(89)は1941年12月、真珠湾攻撃に向かう新造の航空母艦「瑞鶴」に乗っていた。 現在の柳井市出身。19歳で、パイロットを目指し海軍航空兵を受けた。しかし、「医者がくれた目薬が悪かった。航空兵が(視力)1・0 ...
青空書房の戦後65年記 ‎2010年8月14日‎
終戦後、食べるために闇市で本を売り、そのまま古書店主になった大阪市北区の坂本健一さん(87)が、戦後65年となる今夏、客との交流などをつづったエッセー集「浪華の古本屋 ぎっこんばったん」を出版した。誰もが活字に飢え、古本に群がった時代は遠いが、店には今 ...

posted by newnew at 00:04| スクープ情報